メディア株式会社

むし歯菌・歯周病菌・カンジダ菌を抑制する『L8020 菌』を発見し、口腔プロバイオティクスの機序を「抗菌ペプチドが歯周病菌のLPS を不活性化する」という観点から解明。
さらに、「義歯を抗菌バリアする」という発想で固定化抗菌成分『Etak』を研究開発。
二川浩樹先生の研究成果を豊富なイラストとエビデンスで分かりやすく解説。

歯科口腔抗菌考

むし歯菌・歯周病菌・カンジダ菌の研究がもたらしたもの

歯科口腔抗菌考

広島大学大学院医歯薬保健学研究員 教授 二川浩樹

◎体裁:A5 / 4色/ 128ページ ◎定価:2,700 円+税

口腔感染症

研究開発前夜

目次を拡大
本文を拡大

L8020

むし歯菌・歯周病菌・カンジダ菌を抑制するための
乳酸菌、抗菌ペプチドについて

目次を拡大
本文を拡大

Etak

「歯の抗菌」という視点から生まれた
固定化抗菌成分

目次を拡大
本文を拡大
広島大学公式Webサイト
お問い合わせはこちら

このページのトップへ▲