情報セキュリティ基本方針

改定:平成28年12月22日

メディア株式会社 代表取締役社長
辻 啓延

 メディア株式会社(以下、当社)は、歯科医療業界を中心とした社会的重要な情報処理システムおよびネットワークインフラを提供する事業者として、お客様に安心してご利用いただけるサービスを提供し医療の質的向上を側面から支援し、社会に貢献してまいります。

 当社の事業において、特にIDCを管理する「IDCサービスチーム」(以下、IDC部門)はお客様からお預かりした情報をはじめ、当社が保有する情報資産をあらゆる脅威から保護し、適切な安全管理を実現するため、情報セキュリティに取り組むことは極めて重要な責務であると認識しております。

 この考えに基づき、当社はリスクマネージメントの観点から、情報セキュリティマネージメントの確立、運用および維持に積極的に取り組むべく、規範となる情報セキュリティ基本方針を定めました。IDC部門においてすべての社員がこの方針に従い、倫理観をもって業務に携わることを宣言いたします。

1
IDC部門は個人情報保護法、情報セキュリティに関する法令、その他規範、ガイドラインおよび契約上のセキュリティ要求事項を遵守します。
2
IDC部門は、情報セキュリティに関する組織的かつ継続的な運用を実現するため、情報セキュリティ責任者(CISO)および情報セキュリティ部会を設置します
3
IDC部門は、社員に対する教育活動を実施し、情報資産を適切に取り扱うことが重要な社会的責務であることを認識し、業務を遂行します。
4
IDC部門は保持する情報資産の利用目的・重要度に応じた適切な管理体制を実現するため、情報資産に対する脅威を特定し、継続的にリスク分析をすることにより評価を行なってまいります。
5
IDC部門において情報資産の機密性・完全性・可用性を確保するために、リスク評価に基づいて、特定された脅威に対する合理的な情報セキュリティ対策を実施し、情報資産の安全管理に取り組みます
6
IDC部門は、万が一情報セキュリティ事故が発生した場合、迅速に処理し被害の拡大を防止します。

以上

おすすめコンテンツ

  • お客様の声
  • MY PACS TIME
  • ビジュアルマックス倶楽部
  • 書籍の紹介
  • お客様の声
  • MY PACS TIME
  • 書籍の紹介
  • ビジュアルマックス倶楽部

PAGE TOP