MicroRecorder(マイクロレコーダー)

資料請求・お問合せ

マイクロスコープをフル活用 患者さんが感動する新しい診療スタイルを創る
MicroRecorder(マイクロレコーダー)

診査・治療をリアルタイムに録画、再生。
患部の状態やその治療を見える化。
歯科医師・歯科衛生士と同じ視野を
患者さんに共有できます。

診査・治療をリアルタイムに録画

「マイクロスコープの価値は、治療するだけではない」

マイクロスコープは、その治療映像を記録として録画・保存し、患者さんと共有し合うことで、さらにその価値を高めます。どんなに精度の高い歯科治療を提供しても、患者さんが本当に理解・納得していなければ、最善の歯科医療とはいえません。
『マイクロスコープ+MicroRecorder』は、インフォームド・コンセントをサポートする新しい診療スタイルを実現します。

超拡大動画による、分かりやすい患者説明

「説明したのに理解されていない。そのギャップを解消」

患者さんにとって、超拡大動画はインパクト大です。静止画では伝わりにくい、たとえば、補綴物のコンタクトや歯肉の腫れ具合、歯周ポケットの深さなども一目瞭然。歯科医師・歯科衛生士の視点を共有することによって、患者さんのデンタルIQも高まり、治療への理解力が格段に向上します。
マイクロスコープの治療映像は、「伝える」ではなく、「伝わる」ための患者説明を可能にします。

いつでも、どこでも、院内スタッフで共有

「スタッフがひとつになるチームアプローチ」

録画した映像は、たとえば、患者さんの口腔内状態、治療経過、今後の治療方針などを、院内スタッフで共有する際にも有用です。また、『MicroRecorder』は、チェアごとへの導入にも柔軟に対応できるため、いつでもどこでもスタッフ間での情報共有が可能になります。
スタッフそれぞれが専門分野を活かしたチームアプローチをサポートします。

主な機能紹介

MicroRecorderで録る、説明する、共有する

連携でさらに便利!

ビジュアルマックス

録画した動画、静止画を、さまざまなデータと一元管理

「MicroRecorder」で録画した動画、静止画を、他の歯科画像や歯周検査結果、提供文書などとともに一元管理。 患者さんごとに時系列に沿って管理・保存できます。

ビジュアルマックスの詳細はこちら