診療報酬と介護報酬、2018年、同時改定。

『地域包括ケア』へのターニングポイント

2025 年、75 歳以上の人口は約2,179 万人になるといわれています(厚生労働省:地域包括ケアシステム資料より)。介護を必要とする高齢者がますます増加し、歯科医院の外来患者は減少していくことが予想されています。医療のあり方は、病院完結型から地域完結型へとシフトし、訪問歯科診療は地域包括ケアの中で大きな役割を担うことになります。
 来年に迫った診療報酬・介護報酬の同時改定は、2025 年に向けた地域完結型医療の実現において、重要な仕組みづくりが示される大きなターニングポイントです。同時に、歯科医院の皆さまにおかれましては、この1年を、超高齢社会に向けた大切な準備時期として位置づけられていることかと存じます。
 そうしたなか、私たちメディア株式会社は、訪問歯科診療をテーマに、ICT 製品を中心としたさまざまな製品をご提供してまいります。私たちがこだわり続けるのは、医療現場における真のニーズを満たした価値の追求です。かつてない超高齢社会を迎え、歯科医院の皆さまが新たなステージを確立されていく今、私たちのソリューションが少しでもお役に立てましたら幸いです。


メディア株式会社 代表取締役社長 辻啓延

訪問歯科診療をテーマにした、メディアのソリューション

必要事項の把握 分かりやすく、効率的に、訪問歯科診療をナビゲート。
  • [特許出願中]訪問歯科診療ナビゲーションシステム 訪問歯科ナビWithYou
  • 電子カルテやレセコンとも連携

カルテ レセプト 医療保険レセと介護保険レセを同時作成。
  • クラウド型電子カルテシステムWithエポック

口腔ケア 部分義歯も総義歯も、24時間抗菌。
  • EtakOralCare

書籍 訪問歯科診療に必須となる有病者、認知症患者への対応。

資料請求・お問合せはこちら