歯科遠隔画像診断支援システム

専門医による読影が、医療の質を向上

歯科医院で撮影したCTやパノラマの検査画像を大学病院に読影依頼。専門医によるチェックバックによって医療の質を向上し、患者さんの信頼獲得をサポートします。また、メディアの『歯科遠隔画像診断支援システム』は、独自の医療用ネットワークによって高セキュアな通信を実現しています。

大学病院の専門医による読影レポート

CTやパノラマの検査画像は、提携の大学病院に送信。歯科放射線専門医が所見をチェックし、読影レポートを返信します。

提携大学病院
・日本大学歯学部付属歯科病院 歯科放射線科
・大阪歯科大学附属病院 中央画像検査室

初期導入費 30,000円(税別)
月額基本料 3,500円(税別)
画像診断料・サービス手数料
歯科用CT検査 …… 3,000円 / 1検査(税別)
パノラマX線検査 … 1,250円 / 1検査(税別)

歯科用CTの画像診断をご依頼いただく場合は、パノラマも同時にお送りいただきます。費用は歯科用CT検査+パノラマX線検査ではなく、歯科用CT検査費用3,000円のみを申し受けます。

画像診断料・サービス手数料は2019年12月現在のものです。料金は予告なく変更されることがあります。

検査画像を、高画質かつセキュアに送信

メディア独自の医療用ネットワークによって、高画質かつ高セキュアに検査画像を送信。より正確な読影をサポートするとともに、安心・安全な遠隔画像診断をご提供します。

厚生労働省が定めた「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠する高セキュリティ医療用ネットワーク(VPN、Ipsec+IKE)です。

保険請求が可能

遠隔画像診断を行った場合、検査画像の撮影料などに加え、「歯科画像診断管理加算」の算定が可能です。

『VisualMAXⅢ』ならボタンひとつで簡単連携

『VisualMAXⅢ(ビジュアルマックス)』では、『歯科遠隔画像診断支援システム』にボタンひとつで連携。CTやパノラマの検査画像の管理も『VisualMAXⅢ(ビジュアルマックス)』で行えるため、効率も高まります。

資料請求・お問い合わせ